30代前半共働き夫婦のリアルな支出額と投資額を公開(2021年12月)

家計簿

20代後半~30代前半の子どもなし共働き夫婦が「月にどれくらいお金を使っているのか」「月にどれだけ投資しているのか」気になりますよね。

本記事では、そのような疑問を解決するためにたま夫婦のリアルな支出額と投資額を公開します。

これから夫婦やカップルで一緒住む人などに参考になれば幸いです。

このような人におすすめ

共働き夫婦の
①支出額が知りたい
②投資額を知りたい
③節約術が知りたい
④お金の使いどころが知りたい

スポンサーリンク

たま夫婦のプロフィール

■年齢
 たま夫:30代前半
 たま子:20代後半

■仕事
 たま夫:インフラ業
 たま子:IT系営業
 フルタイム共働き

■家族構成
 夫婦二人のみ(子どもなし)

■住まい
 賃貸マンション

■車、ローン
 無し

■お金の管理方法
 夫婦の給料をすべて合算

■その他
 年間2回以上は旅行に行きたい
 夫婦で投資を実施

その他詳しい夫婦のプロフィールは下記記事に書いております。良ければご参考下さい。

スポンサーリンク

2021年12月支出額・投資額まとめ

では早速、たま夫婦の2021年12月の支出額・投資額を公開します。数字が細かくなるので100円未満は切り捨てて書いています。

12月の支出額・投資額の全体金額は以下の通りです。

支出額:330,600円

投資額:206,000円

それぞれの内訳は以下の通りです。

支出(変動費、固定費)と投資の内訳
支出(変動費、固定費)と投資の割合

12月は予算額通り投資を行うことが出来ましたが、支出額が大きく予算金額を上回ってしまいました。各項目の詳細について解説していきます。

支出額(変動費)

食 費:17,900円
外食費:6,700円
日用品:23,600円
被服費:6,900円
交際費:57,400
その他:50,000円
小遣い : 65,000円

変動費は、月の予算金額が148,000円に対し、使用金額が227,500円となり、かなり予算オーバーしてしまいました。

前月に買い込んだ食べ物が多くあったため、食費は非常に安くなりましたが、日用品の大量購入及び年末のふるさと納税購入ラッシュで一気にお金を使ってしまいましたね…。

また、2月に行くカニ旅行の代金(交際費)を楽天トラベルで前払いした分も大きな出費でした。

ちなみに楽天トラベルは、「毎月5と0のつく日は国内高級宿・温泉宿が5%又は10%OFF」のため、5か0の付く日に申し込みをするのがお得です。

支出額(固定費)

家 賃 : 75,000円
通信費 : 14,200円
光熱費 : 13,900円

固定費は、月の予算金額が102,300円に対し、使用金額は103,100円となりました。

通信費はネット回線を変更したため、来月以降には恐らく10,000円以下になると思われます。

固定費については、毎月出来るだけ減らすように心掛けております。私たちが固定費を節約しているポイントは、下記記事の固定費のページで紹介しておりますのでご参考下さい。

投資額

つみたてNISA : 82,500円
個人年金 : 24,300円
iDeCo : 12,000円
その他投資 : 87,200円

12月も予算通り206,000円を投資に回すことが出来ました。今月も先月と同じ金額を投資に回すことが出来ました。

投資額の詳細は以下の通りです。

つみたてNISA

2021年2月から夫婦でつみたてNISAを満額投資し始めました。夫婦で満額だと66,666円なのですが、年途中で始めたので82,500円の積立になっております。

12月末時点で運用利益が+113,919円利回りが+14.24%となっており、順調に利益が増加傾向にあります。

2021年12月までのつみたてNISAの積立結果は下記記事に詳しく書いていますので参考にして下さい。

個人年金・iDeCo

老後まで引き出せない個人年金とiDeCoは、合わせて36,300円積み立てています。

iDeCoは12,000円しか積立していないので、もう少し増やしたいですね。

その他投資

つみたてNISAの枠以外で87,200円インデックス投資もしています。

今年は勉強して投資銘柄を増やしたり、投資額を増やしていけたらと思います。

まとめ

12月はふるさと納税、旅行費などの臨時出費があったため予算を大幅にオーバーしてしまいました。逆に投資は予算通り順調に出来ており、利益が増えてきているところは良いですね。

1月は予算内に収められるように支出額を調整していきたいです。

私たちの家計簿が少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました