幅広サッカースパイクメーカーおすすめ5選【足幅が広い人必見】

サッカースパイク

サッカーのスパイクを買いたいけれど、足の幅が広くて自分の足に合うスパイクが中々見つからない…。という経験は誰しもありますよね。

私も足の幅がかなり広く、いつもスパイクを選ぶ際には苦労しておりました。

本記事では、そのような人のために、幅広サッカースパイクのおすすめメーカーをご紹介します。この記事を読むと、自分に合ったサッカースパイクを見つけることが出来るはずです!

このような人におすすめ

・足の幅が広い人

幅広サッカースパイクを探している人

・スパイク選びに迷っている人

・幅広のサッカースパイクメーカーが知りたい人

サッカースパイクの種類

サッカースパイクはすべて同じように見えますが、土、人工芝、天然芝によって使い分けが必要となってきます。それぞれの違いについて簡単に紹介していきます。

見なくても知っているという人は読み飛ばして下さい。

HG(ハードグラウンド用)

1つ目はハードグラウンド用で、硬い土のグランドで使用するスパイクです。ポイント(スパイクの底の突起部分)の高さが低いのが特徴で、最も市場に出回っている種類です。

誰もが見たことあるポイントの型だと思いますが、土のグラウンドでサッカーをするならこれを買っておけば間違いないありません。

FG(ファームグラウンド用)

2つ目はファームグラウンド用で、天然芝で使用するスパイクです。ポイントが細くて長いのが特徴で、滑りやすい天然芝のピッチに最適です。

人工芝や土のグラウンドで使用すると引っかかったり折れたりするので注意して下さい。

AG(アーティフィシャルグラウンド用)

3つ目はアーティフィシャルグラウンド用で、人工芝で使用するスパイクです。人工芝は天然芝より毛足が長いため、滑りにくく細長いポイントは必要ありません。

土のグラウンド(HG用)と形状が似ているため、HG/AG兼用で販売されているスパイクも多いです。

SG(ソフトグラウンド用)

4つ目はソフトグラウンド用で、天然芝や雨でぬかるんだ土の時に使用するスパイクです。こちらもFGと同様にポイントが尖った形状です。

SGは他の3つと大きく違い、ポイントの取り換えが可能です。そのため、雨の日に非常に役に立つスパイクとなっております。

幅広サッカースパイクメーカー

ここからは、幅広サッカースパイクメーカーを紹介していきます。5つのメーカーを紹介していきますので、自分に合うスパイクを見つけて頂けると幸いです。

MIZUNO(ミズノ)

ミズノは世界屈指の総合スポーツ用品メーカーとして、世界中で活躍している有名な日本のブランドです。誰しもが名前を聞いたことがありますよね。

日本のブランドのため、日本人の足に合った幅広のスパイクを販売しています。

そのミズノが販売しているおすすめスパイクは、最も有名なモデルのモレリア、3Eモデルがあるレビュラ、最も幅が広い(3E、4E)モデルがあるモナルシーダの3種類があります。

ミズノのスパイクを初めて購入される方は、モレリアもしくはモナルシーダを購入すれば間違いないでしょう。

①MORELIA(モレリア)

【MIZUNO】モレリア スパイク
created by Rinker

②REBULA(レビュラ)

【MIZUNO】レビュラ スパイク
created by Rinker

③MONARCIDA(モナルシーダ)

【MIZUNO】モナルシーダ スパイク
created by Rinker

ASICS(アシックス)

アシックスもミズノと同じく日本の総合スポーツメーカーとして国内で非常に人気があります。

こちらも日本のブランドのため、日本人の足に合った幅広のシューズを販売しており、日本代表の古橋享梧選手、中山雄太選手、乾貴士選手、元スペイン代表のイニエスタ選手なども愛用しております。

そのアシックスが販売しているおすすめスパイクは、最も有名で多様なモデルがあるDS LIGHT、多方向へのアジリティーを追求しフィット性に優れたULTREZZA、高速プレーをサポートするMENACEの3種類があります。

アシックスは基本的に幅が広いシューズですが、足幅が非常に大きい人はDS LIGHTULTREZZAでワイドモデルが販売されていますので、そちらを購入すると良いでしょう。

DS LIGHT(DS ライト)

【ASICS】DS LIGHT スパイク
created by Rinker

ULTREZZA(ウルトレッツァ)

【ASICS】ULTREZZA スパイク
created by Rinker

MENACE(メナス)

【ASICS】MENACE スパイク
created by Rinker

UMBRO(アンブロ)

アンブロは、サッカー用品に特に力を入れているイギリスのブランドですが、日本でも非常に人気のブランドとなっております。

日本人の足に合った比較的幅広のシューズを販売しているため、Jリーグでもアンブロのスパイクやユニフォームを着用している選手・チームをたくさん見かけます。

そのアンブロが販売しているおすすめスパイクは、アクセレイター1種類です。アンブロのスパイクはこのシリーズしか販売が無いですが、日本人の足にピッタリ合う構造となっております。

①ACCERATOR(アクセレイター)

【UMBRO】アクセレイター スパイク
created by Rinker

アクセレイターシリーズも足幅が非常に大きい人向けにワイドモデルが販売されていますので、こちらもご参考下さい。

アクセレイター WIDEタイプ

【UMBRO】アクセレイター ワイド
created by Rinker

hummel(ヒュンメル)

ヒュンメルは、デンマークのスポーツ用品メーカーで、世界で初めてスタッド付きサッカースパイクを開発したブランドです。シンプルでクリーンな北欧デザインで知られており、日本人の足に合った幅広のシューズも販売しております。

そのヒュンメルが販売しているおすすめスパイクは、ヴォラート1種類です。ヒュンメルはこのシリーズしかスパイクを販売していないですが、このシリーズの中でレギュラー(2E相当)、ワイド(3E相当)、スーパーワイド(4E相当)に分かれているため、自分の足幅に合ったスパイクを簡単に選ぶことが出来ます。

①VORART(ヴォラート) 2E

【hummel】ヴォラート レギュラー(2E)
created by Rinker

VORART(ヴォラート) 3E

【hummel】ヴォラート ワイド(3E)
created by Rinker

VORART(ヴォラート) 4E

【hummel】ヴォラート スーパーワイド(4E)
created by Rinker

New Balance(ニューバランス)

ニューバランスは、アメリカのシューズメーカーで履き心地が良いブランドとして馴染みがありますよね。日本でニューバランスと言えば、私生活で愛用したりランニングシューズとして使用する人が多いと思いますが、実は幅広のスパイクも販売しております。

そのニューバランスが販売しているおすすめスパイクは、圧倒的な加速性能を持ったFURON、ボールコントロールがしやすいTEKELA、とにかく履き心地を重視した442の3種類があります。

ニューバランスは、各種類でやや細サイズと標準サイズ(2E)がありますので、幅広のスパイクを選びたいなら標準サイズ(2E)にすると良いでしょう。

①FURON(フューロン)

【New Balance】フューロン スパイク
created by Rinker

TEKELA(テケラ)

【New Balance】テケラ スパイク
created by Rinker

442

【New Balance】442 スパイク
created by Rinker

まとめ

各メーカーについてまとめると以下の通りです。

メーカー幅の大きさおすすめシリーズ
MIZUNO(ミズノ)~4E相当までモレリア
モナルシーダ
ASICS(アシックス)ワイドモデルありDS ライト
ウルトレッツァ
UMBRO(アンブロ)ワイドモデルありアクセレイター
hummel(ヒュンメル)~4E相当までヴォラート
New Balance(ニューバランス)~2E相当までフューロン
442

これだけのメーカーが幅広シューズを販売しているので足の幅が広い人でも合うシューズは必ずあるはずです。本記事で気に入ったサッカースパイクに出会えることが出来ていれば幸いです。

幅広のフットサルシューズを探してる人は合わせて以下の記事も参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました